環境保全活動

過去の歴史にないほどの技術革新の恩恵を甘受し、
生活は便利で安全なものに変化し定着しました。

その一方で、資源を消費利用した結果、
大きな負の遺産を残すことも学ぶこととなりました。

資源は有限であり、環境サイクルを熟慮し
利用しなければならないことを知りました。

豊かな地球環境を保つ道筋を
今、私たちは考え抜く必要に迫られています。

事業活動を通じて環境・社会・経済に与える影響を配慮した
長期的な活動を目指す皆さまを支援します。

Card image cap Card image cap
Card image cap Card image cap

かつて安全と水は無料と言われていた日本。
しかし1970年以降、環境汚染などの影響により安心な水の確保は年々難しくなってきております。
水道水をそのまま飲用する方の割合が30%を切る時代の到来。
ただ水を購入されるだけではなく、サーバーで便利に使用したい、高機能水を飲みたいなど、本当に安心・安全な水を求める方が増えています。
人間の体の70%は水で出来ています。本当に安全な水とは何かを考える時代になってきているのです。